ホームページ  >> 観光客  >> 観光地  >> 豊作大地近代農業模範区

豊作大地近代農業模範区

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2016-05-09ブラウズ:

    豊作大地近代農業模範区、江蘇省四星級田舎観光地、大豊市委員会、市役所が江蘇沿海開発によってスタート実施した農業重点プロジェクトで、江蘇省政府の初の認定される江蘇省近代的農業産業園区で、江蘇省科学技術庁から唯一の塩土農業の認定によって第2陣の江蘇省近代農業科学技術園です。総体企画が50万ムー、その中の核心区が2万ムーです。核心区は近代的農業展示区、農産物加工集中区、近代的農業物流園区の“三大キャリヤー”の建設を主なにします。模範地区は2008年6月に着工するから、工業開発区の理念とモデルで近代的農業模範地区を建設して、“計画引率、インフラが先にする、企業を導入する、重点プロジェクトが支える”の開発構想と“1つの中心、2つの大プラットフォーム、三つのキャリヤー”の建う設構想によって、全市の力で、強力に模範地区の建設を進めます。現在、園区の建設が大体の形ができていて、常豊園芸、3次元園芸花卉のスーパーマーケット、緑島生態園、芳彩園芸、利新食用菌、農業人力芽、富民農業副産物卸売市場、孫橋近代的農業科学技術館などの26個のプロジェクトは着工して、総投資が9.6億元、すでに投資の4.6億元を完成して、13件のプロジェクトは竣工、生産し始めます。