ホームページ  >> 観光客  >> 観光地  >> 大豊国家砂浜湿地公園

大豊国家砂浜湿地公園

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2016-05-09ブラウズ:

    大豊国家砂浜湿地公園が大豊市川東港水門の東南部に位置して、1360ムーです。区内で動物の群集の多様度の特徴があって、物種が豊富です。その中の国家重点保護一類野生動物はシフゾウ、タンチョウ、ナベヅル、シロチョウザメなどの14種類があって、動物の稀有程度が高い、二類国家重点保護野生動物が66種類あります。同じ緯度地区で物種の分布代表性があって、稀少動物と移動の研究に対してとても高い価値があります。沿海砂浜の形成と発展に従って、土壌と植生は規律がある遷移を経って、地形植生の特徴が独特です。
    大豊国家砂浜湿地公園は大豊シフゾウ生態リゾート地に従属して、大豊市青紗砂浜湿地観光開発有限会社から開発建設して、経営管理します。プロジェクトの開発は十分に大豊沿海湿地資源を利用して、中華シフゾウ園AAAA級観光区のコード位置の優位と海岸風力発電所の独特な景観を結び付けて、独自の特色がある国家湿原公園を建設します。
    大豊国家砂浜湿地公園プロジェクトは娯楽、レジャー、リゾート、科学普及を主要機能にする、黄海湿原景観保護を重点にするの湿原生態公園を企画建設します。プロジェクトの建設が秩序があって進めて、一期工事が観光客センター、観光地区の表門、駐車場、青紗竜、シラサギ湖、古い製塩場、塩生植物園、砂浜泥風呂、弁鰓類の軟体動物を捕える、台風体験区、歯のキバノロの息地、海水野菜の生産基地などを含みます。二期工事は湿地館、科学技術館、4次元映画館、美食船などを含みます。三期工事は主に東砂探険遊を切り開きます。