ホームページ  >> 観光客  >> 観光地  >> 塩土大地海洋科学技術館

塩土大地海洋科学技術館

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2016-05-09ブラウズ:

    江蘇大豊塩土大地海洋生物産業科学技術園の企画面積が1万ムーで、その中の核心区が5000ムー、計画総投資が10億元です。2010年8月に16日に園区が着工する以来、しっかりと“海洋生物、塩土農業、ブルー観光”の三大特色産業をめぐって、全力で大豊ブルー海洋経済増加極を製造します。現在園区内で観光資源が豊富で、すでに1.8万㎡の中国・大豊海洋科学技術館、3万㎡の塩に耐える新種野菜の高い効率育成基地と3万㎡の塩に耐える苗木拡繁センターを建設しました。
    中国・大豊海洋科学技術館の総投資が2億元、共に3層に分けます。2010年8月16日に着工するから、高水準計画、高水準建設、高品質管理、中国の初の海洋をテーマにとする劇式インタラクティブな体験館を作ります。科学技術館の一階は、面と向かうのは1枚の長さが30メートル、高さが4メートルの大型のフルカラーのハイビジョンLEDで、テーマ宣伝ビデオ《海洋―生命の源》を放送します。地下一階は海洋館です。主体設計は一台の海底に潜る科学考査潜水艦になります。出航ホール、すばやい通路、海岸景観区、120メートルの海底観光トンネルなどの4部から構成します。海底観光トンネル内、小金魚鉢の展示区、立体式水族館、蛍光体験区、蛍光標本展示区などの観賞内容を含みます。科学技術館二階は海洋生物五大産業展示区で、海洋自然食品、海洋生物医薬、海洋生物質の新エネルギー、海洋生物化学工業、海洋生物新素材を含みますと。展示台、ビデオ、実物のなど全方位、多手段の方法を通じて展示します。