ホームページ  >> 観光客  >> 観光地  >> 八路軍、新四軍のライオン口で合流するの紀念碑

八路軍、新四軍のライオン口で合流するの紀念碑

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2016-05-09ブラウズ:

    1940年7月、新四軍は命令を受けて、長江を渡って江蘇省北部の日本軍に抵抗する発祥地を切り開いて、黄橋と国民党江蘇省主席の韓徳勤様の頑軍と決戦して勝利した後に、軍を率いて北に行って、八路軍第五縦隊の司令員の黄克誠様は部下を率いて淮海地区から南へ行って、当時の10月10日に白駒ライオン口で両軍は順調に合流して、華中日本軍に抵抗する発祥地を創建して、1985年、大豊県人民政府は特にこの碑に立って、紀念を示します。元の国防部長の張愛萍将軍は“八路軍、新四軍の白駒ライオン口で合流するの紀念”の碑名を書いて、そして陳毅元帥の両軍はこの碑で合流して、大豊市文化財保護部門とします。白駒八路軍、新四軍合流紀念館は白駒鎮の施耐庵紀念館の東側に位置して、2007年に建設して、2008年に竣工して、500万元を投資して、建築面積が3000㎡、陳列館、視聴覚センター、歴史資料館、応接室などが設置されていて、機能施設がそろっています。