ホームページ  >> 大豊  >> 名人、故事など  >> 大豊の味  >> 大豊市シフゾウ早熟梨

大豊市シフゾウ早熟梨

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2013-10-31ブラウズ:

 大中鎮恒北村は、耕地面積は4160ムーを持っている。今、恒北村全村では、成年の早熟梨の面積は3800ムーがあって、耕地面積の93%を占めている、特色果物産業を主になるの専業村である。

  早熟梨の生産の発展過程の中に、合作社は積極的にブランドの戦略を実施する。1999年、“シフゾウ”ブランドを成功的に申請済みだった。“シフゾウ”早熟梨は、二回続き、中国国際農業博覧会の有“名ブランド“と呼ばれる;1994年、中国グリーン食品発展中心より、グリーン食品と承認された、20036月、シフゾウ”早熟梨は、欧州連合より有機食品転換証書を受けて、塩城市重点農民専業合作社、省レベル“四有”模範農民専業合作経済組織になった。