ホームページ  >> 大豊  >> 名人、故事など  >> 大豊の味  >> 小海肉ボール

小海肉ボール

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2013-10-31ブラウズ:

小海肉ボール加工の一番人は、小海東方紅橋の北の張紹寛さんである。彼の紹介によると、彼は肉ボール加工するの歴史はもう30年余りがあった。30数年来、小海に着いたことがある人、すべて彼から製作した肉ボールを食べてなければならない。肉ボールを加工する原料はブタ肉、ブタの膀胱で;調味料はネギのみじん切り、化学調味料、ショウガ、塩、でんぷんなどである;肉ボールの加工流れ:“肉を洗う――切る――塩漬けにする――調味料と調和する――詰めてブタの膀胱に入れる――煮る――肉ボール。”この数年来、張紹寛さんはこの手作業の技巧の保留しないで、温泉村の宗徳の海に伝わる、この美食の技巧を延びて伝わらせる。