ホームページ  >> 大豊  >> 名人、故事など  >> 大豊の味  >> 劉荘スパイシーニワ

劉荘スパイシーニワ

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2013-10-31ブラウズ:

 

劉荘のスパイシーニワは前世紀の50年代に始まって、創始者は劉荘の陸啓栄である。

劉荘のスパイシーニワが、材料の選ぶは厳格で、工芸は良く、香りが鼻をついて、肉は柔らかくて、皮が脆くて骨を脱いで、塩加減が適する、スパイシーは適切で、百食べてき饱きない。一般に劉荘のスパイシーニワを味わったことがある人は全て感嘆がある:正統はスパイシーを越えないで、不思議は新鮮な香を越えない。その製作の過程:優良品質の正統の田舎ニワトリ、あるいは三黄ニワトリを選んで、殺し、点検し、洗ってさらした後、あんかけの汁(秘方)で2時間の程度で煮て、内部表面の鶏肉は骨を脱ぐことができるように求めて、外の形は変更ないようになる。それからできあがって冷却、消毒の後、真空で包装する。