ホームページ  >> 大豊  >> 名人、故事など  >> 大豊の味  >> 魚のタンメン

魚のタンメン

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2013-10-31ブラウズ:

魚のタンメンは、大豊の有名な食品である。乾隆の33年(西暦紀元1758年)から源を発して、およそ200年の歴史がある。魚のタンメンは、追い出されたの皇宮の御ご飯のコックに作られたものである。魚のタンメンの製作はとても特殊で、先に魚を切り開いて、綺麗に洗って、血を残しないようになる。それで、ラードを鍋に入れて、8割まで沸いて、続々と魚を鍋に入れて、歯ざわりが良くの程度で取って、焦げることができない。揚げた魚は、ウナギの骨、ブタの骨と一緒に、河の水で濃密なスープを煮出して、ネギと酒で生臭くを除き、さらに、細いふるいを使ってコンソメを濾過して、エビの実の少量を入れて、タンメンを作れる。麺は白い刀で切る。だから、魚タンメンの見た目と香りと味はすべて揃っている。

大豊の魚タンメンは、汁は乳白色で、さわやかで、麺の細くて柔らかいこと、とても口に合っている。

      魚タンメンは、その他の種類の麺との違いはスープである。他の所の麺の汁は普通はコンソメ、ニワトリの汁、エビの重湯、骨の汁などであるが、大豊の魚タンメンの汁の主要な原料はウナギの骨とヘラである。ウナギの骨を綺麗に洗った後に鍋に入って、少量のラードではっきり炒めて、それで、揚げたヘラとウナギの骨と一緒に鍋に入って煮沸していく。熱いスープを煮沸した後、小さい火に変更して、ゆっくりと煮る。