ホームページ  >> 大豊  >> 大豊概況  >> 港と海岸線

港と海岸線

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2013-10-29ブラウズ:

10年間の開発の後、大豊港は、第1段階と第2段階は完成しており、第3段階は速く発展している、すぐ完成できる。今、8つの1万トン以上の停泊位置を作り上げる。2012年、取扱量は、2000万トンを突破した。大豊港は、小規模港からミドル規模港になるの歴史性のステップをを実現した。それは、“十二五”年計画の終了まで、1億トン・港になるの大きなゴールを実現するために健全な基礎を築きた。20079月に国務院の承認によって、大豊港は一類港として、開くことに許された。今まで、韓国、日本、ロシアなど多くの国際航路を開通しており、台湾基隆港への直航を実現した。現在、大豊港の通関、海事、検査検疫、辺境防衛検査などの連邦検査組織は完全な機能を持っている、ワンストップ・サービスを実現する。毎年の関税は10億元を超える。