新聞

ホームページ  >> 新聞  >> 川東港の水土防止の保持施設は検収に合格します

川東港の水土防止の保持施設は検収に合格します

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2018-10-09ブラウズ:

  近日、省沿海地区水利工事建設管理局は特別テーマの会議を開いて、淮河流域の重点平原とくぼ地の管理工事の下河川東港の工事の水土防止の保持施設に対して竣工検収を行ってします。

  川東港の工事は泰州と塩城の2市の境界内に位置して、西は車路河雄港から、東は川東港の水門まで海に入って、全国の172項の節水給水の重大な水利工事プロジェクトの中の一つです。発改委の意見付きの返答するから、水土防止の保持仕事は全面的に展開して、工事は2013年に12月に着工して、2018年6月に竣工します。

  十分に研究討論を通して、検収工作組は、建設部門が水土流失の予防と治療の任務を完成するのこをと認定して、措置の体系の配置が合理的で、水土流失を予防・治療する効果を発揮しました;作り上げる水土の防止の施設の品質が総体に合格で、水土流失の予防と治療の指標は水土防止の方案の確定の目標値に達して、工事の建設中の水土流失を制御します;運行する時に管理守るの責任を実行して、川東港の工事の水土防止の施設は竣工検査に合格するのことを賛成します。