新聞

ホームページ  >> 新聞  >> 王栄は阿特斯日光電力グループの旅商人と会見します

王栄は阿特斯日光電力グループの旅商人と会見します

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2018-07-19ブラウズ:

  5月18日、市の委員会の常務委員、区委員会の書記の王栄は阿特斯日光電力グループの理事長、総裁兼最高経営責任者の瞿暁铧と会見して、更にプロジェクトの建設を加速するのことに関して話し合いを行います。

  大豊経済開発区に定住する阿特斯の3吉瓦光伏モジュールプロジェクトは計画投資15億元、16条世界のトップの水準の高い効率の太陽エネルギーのモジュールの生産ラインを建設するの計画を立てます。現在のところ、プロジェクトの建設は既定の時間のノードによって秩序があり進めています。

  王栄は瞿暁铧は大豊に考察に来て歓迎の意を表わして、そしてかいつまんで大豊の経済社会の発展の情況を紹介しました。彼は言って、今年に入ってから大豊の経済社会の発展はしっかりしている中にしっかりしている中に良い喜ばしい態勢に入りました。全区工業企業の増加面は68%まで達して、前4ヶ月の財産税の増幅、税収の総量、税の比率など経済指標は塩城の第1に位置します。同時に、阿特斯の含めるいくつかの重さの特大なプロジェクトは建設を加速していて、未来の発展のためにエネルギーを提供します。大豊は真剣に習近平の新時代中国特色社会主義の思想と党の第19期代表大会精神を学習し、貫徹して、省、市の委員会の方策によって配置して、迅速に思想大きく解放のブームを興って、プロジェクトの建設を加速するのを推進して、思想大開放で品質よく発展するのを引率します。

  瞿暁铧は大豊区委員会、区政府の阿特斯プロジェクトに対する関心と支持に感謝して、投資自信を固めて、ナイター戦を行う精神、工事を急ぐ会戦のプロジェクトの建設を発揚して、努力して大豊プロジェクトを光伏モジュールの領域の技術最新、レベルが最高、コストの最低の優良品質の企業を作って、大豊の先進的な制造業の発展のために積極的な貢献を作り出します。

  会見の中で、双方はまたプロジェクトについて関連する具体的な問題が意見を交換したのを進めます。王栄は表して、大豊区委員会、区政府は阿特斯プロジェクトの建設と発展を非常に重視して、必ず自発的による前にサービス、適切に“給仕”の精神を発揚して、思案をめぐらして要素に集まって、プロジェクトが建設を加速するのを推進します。

  区指導者の趙暁慶に会見の時に出席します。