新聞

ホームページ  >> 新聞  >> 全国小麦病害を予防・治療するの新薬剤の新技術のシンポジウムは大豊で開催します

全国小麦病害を予防・治療するの新薬剤の新技術のシンポジウムは大豊で開催します

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2018-06-03ブラウズ:

    3月22日、全国小麦病害を予防・治療するの新薬剤の新技術のシンポジウムは大豊で開催します。中国工学院の院士、有名な小麦の病害専門家の康振生、中国農業技術普及協会会長の陳生闘などの業界の“有名人”が共に食糧の安全生産に献策します。区委員会の副書記の陳湘珍はイベントに出席してそして挨拶します。
    会議中、、中国農業技術普及協会、中国農薬発展と応用協会から主催して、江蘇光豊生物農業株式有限会社は引き受けます。陳湘珍は挨拶する中かいつまんで大豊の経済社会の発展の情況を紹介していました。彼女は言って、ここ数年来、私の区がしっかりとめぐって農業の供給側構造的がこの大筋を改革するのを進めて、富民に突き出て収益を増やして、構造を変更して、短い板を補って、特色を作って、2017年に農業総生産額の173.23億元、農業増加値の83.85億元を実現して、農村の住民は1人当たり可処分所得は21202元に達します。 彼女は各位の専門家のこれまで大豊農業を少しも変わらない関心するのを望んで、もっと多い先進経験、先進技術に大豊で実を結んで、土地に根をはらせて、大豊の近代的農業発展を引導します;輝豊株式の株式は持続的に革新する力度を増大するように求めて、更に大きく、強くてなって、もっと“三農”にサービスして、田舎の振興が積極的な貢献を作り出しためを実現します。
    シンポジウムの上で、関係専門家は学術のリポートを行って、焼豊かな株式は新製品を行って展示します。