新聞

ホームページ  >> 新聞  >> 私の区は重大なプロジェクト集中的に着工イベントを開催します

私の区は重大なプロジェクト集中的に着工イベントを開催します

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2018-03-09ブラウズ:

    10月28日、私が区は重大なプロジェクト集中的に着工イベントを開催します。市委員会の常務委員、区委員会の書記の王栄、区政治協商委員会の主席の袁国萍はイベントに参加します。当日、阿特斯の3GW光伏モジュールプロジェクト、シフゾウ小鎮プロジェクト、清灵糸海藻繊維プロジェクト、明月海藻多糖類プロジェクトなどのいくつかの重大なプロジェクト集中的に着工、竣工します、全区の再度の発展にまた力強い動力を増やします。
    戦略性新興産業を発展、強大になるのは私が区の供給側構造的の改革を深化するの重要な取っ手です。当日、経済開発区の阿特斯の3GW光伏モジュールプロジェクトは正式に工事を始めます。このプロジェクトの総投資の約14.8億元、全世界のリードした光伏一体化の企業阿特斯日光電力グループ建設に投資します。プロジェクトが作り上げた後に、モジュールの生産能力は3GWに達するでしょう、年売上高は60億元超えて、利税の2億元、来年4月に正式に生産に入ると予定です。王栄は区委員会、区政府を代表して、プロジェクトの着工に対して祝賀の意を表します。彼は指摘して、現在全区は上から下まで真剣に党の第19期代表大会精神を学んで、宣伝、貫徹していて、重大なプロジェクトの集中的に着工と竣工のイベントは党の第19期代表大会精神を貫徹するの具体的な行動です。阿特斯日光電力グループは光伏エネルギー領域で世界と国家のために多くの貢献を作り出すだけ、全区は上から下まで阿特斯の発展精神を学んで、リードと優秀を追及して、中国夢の“大豊ページ”を実現するために、新しいの光り輝きを作曲します。ここ数年来全区は上から下まで徹底的に新しい発展理念を実行して、しっかり“着実にするのは先にする、プロジェクトは王とする、民生は根拠とする”の理念を確立して、重大なプロジェクトのが引き寄せるに、建設、サービスの上で、絶えず新しい進展を得ます。王栄は求めて、経済開発区、区直相関部門はこれまでと少しも変わらず企業にサービスする力度を増大して、高まって企業の効率にサービスして、本当に“給仕”の精神を発揚して、良好な大隊商の環境を製造します。彼はプロジェクトが更に効率よく組織して実施することができるのを望んで、阿特斯が及び関連プロジェクトはもっと多くてもっと早く大豊に定住することができるのを期待して、戦略的の新興産業の発展のためにもっと多い活力を加えます。
    みなぞくぞくやって来る重大なプロジェクトは大豊港沿海の開発と発展の先頭兵を争うの自信を描き出して。当日の午前、潔灵糸年間で2000トンの海藻繊維を生産するのプロジェクトは正式に着工して、明月の年間で6000トン海藻多糖類を生産するのプロジェクト正式に竣工して、私が区の海洋生物戦略的の新興産業は新しい突破を得ます。この2つのプロジェクトはすべて全世界の最大の海藻の生物製品の企業から――青島明月海藻グループは投資・建設します。潔灵糸海藻繊維プロジェクトの総投資の3億元、プロジェクトが作り上げた後に、国内になって唯一ハイエンドの海藻多糖類医療用の手当用品の生産技術のを持って新型の企業を作るでしょう、国内の空白を埋めて、売上げたかは4億元、利税は1億元が新たに増加すると予想します。明月海藻多糖類プロジェクトの総投資の6億元、製品は40余り国家と地区を遠くへ売って、販売収入の8億元、利税の2.5億元が新たに増加することができます。王栄はプロジェクトの現場で指摘して、全区は上から下まで真剣に党の第19期代表大会精神を学習し貫徹して、袖をしごき取り始めて頑張ってして、初めの心を忘れないで、使命をしっかりと心に刻みます。今年は全面的に党の第19期代表大会精神の重要な年を徹底的に実行するので、集中する力、全力で対処するのを要して、全面的に今年の各目標の任務を超過達成します;今年は区委員会区政府の確定する“重大なプロジェクトの突破の年”で、精神を集中して力に集まって、重大なプロジェクトの上でもっと多い突破を更新するのを努力します;今年も省委員会の省政府の確定する“1+3”の機能区の戦略のスタートの年で、大豊が江蘇沿海の地位にあるのが、優位が独特だ独特で、光栄できわめて困難な使命をも担っていて、全区は上から下まで初めの心を忘れないで、全力で対処して、力の限りを尽くして江蘇海洋の経済を製造してそびえ立つ新しい高地を持って、美しい塩城、美しい大豊を建設するために新しいもっと大きい貢献を作り出します。
    生態が優先して、緑色が発展するのを堅持して、全区の観光業は活気に溢れます。当日、区政府と塩城市国投グループの共同で開発して造ったシフゾウ風情小鎮は正式に工事を始めます。このプロジェクトの総投資の30億元、計画は3年内にすべて竣工して運行営業し始めて、エコツアー、健康の養生、のんびりと休日を過ごし、スポーツのスポーツ、文化に集まって伝承して、動物の研究と科学普及が一体の森林の湿原の特色風情小鎮で教育するのを製造するでしょう。王栄は演説中で指摘して、観光業は私の区の重要な戦略的の新興産業で、現在すでに大豊の経済の支柱産業の中の一つになりました。大豊の観光業の基礎が良好で、将来性が広大です。シフゾウ風情小鎮プロジェクトを建設して、省委員会の省政府の出す大きな力の発展風情小鎮の呼びかける具体的な行動に応えて、大豊の独特な優位の需要に掘り起こして発展するです。王栄は求めて、全区は上から下まで特に相関部門と関係する鎮区は党の第19期代表大会の精神を徹底的に実行して、市の委員会市役所の出す“産業強市”の戦略目標によって、区委員会区政府の出す“プロジェクトが王とする”の理念によって、真剣に“給仕”の精神を発揚して、豊かだためににあるプロジェクトに定住して全方位、全過程の上質なサービスを提供して、プロジェクトをもっと前に生産に入ってもっと前に効果に達させる。塩城市国投グループがこれまでと少しも変わらず関心を持って大豊に発展するように支持するのを望んで、いっしょに同時に推し進めて共にすばらしい明日を作って、建設の強富美のレベルが高くて新しい塩城、新しい大豊のために新しい貢献を作り出します。
郭超、石根美、羅強、董坤、韋応生のなど区の指導はイベントに参加します。