新聞

ホームページ  >> 新聞  >> 党代表は名誉を載せて帰って来て発展を話します

党代表は名誉を載せて帰って来て発展を話します

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2018-03-09ブラウズ:

    “収穫が多すぎます!”世を驚かす中国共産党の第19回の全国代表大会は成功裏に閉幕します。10月25日の晩、党の第19期代表大会は、大中鎮の恒と北村党委員会書記の李暁霞を代表して、全区の党員の重大な使命を担っていて、72万大豊の人民の期待を持っていて、首尾よく大会の各任務を完成した後で名誉の帰りを載せてこのように言います。
    “1つの偉大な時代にあって、私はますます感じて誇りに自信を持ちます。”大会の時に、李暁霞は適切に履行して職責を代表して、良好な精神状態が現れました。 “必ず十九大精神を良い貫徹に学びます。”飛行機を降りて、李暁霞は興奮する気持ちを抑えにくいです。今後の構想に言及して、彼女は表して、更に下部党組織建設を強化する、もっと多い若い人が農村まで近代的農業に身を投じて発展を動員して、生態緑色発展を実行して、恒北村の果樹育成産業を大きく、強化して、田舎振興戦略を実施する中で、同郷の人達と一緒に必死で働いて金持ちになって、小康社会を共同建設します。
    空港がまっすぐに恒北村部に着く後から、李暁霞と村の幹部達はいっしょに囲んで座って、党の第19期代表大会精神を伝達して、参を心おきなく話して経験します。“党の第19期代表大会に参加して、現場は習近平総書記のリポートを聞いて、興奮してと奮起をますます感じて、強烈に中国の発展する強大な力を感じます。恒北の生態の緑色の発展は得て省の中で高く評価して、組別討論中で、江蘇省代表団の唯一の農村として発言を代表して、これは全体の恒北村の栄誉です。”これらを言い出して、李暁霞はとても興奮します。“実施の田舎が戦略を振興して、社会保障システムの建設を強化して、断固として貧困から脱却する堅塁攻略戦に勝って、美しい中国を建設します……”彼女は言って、党の第19期代表大会はいっそう農村下部が発展するのに関心を持って、恒北は新しい発展のチャンスを迎えて、私達がいやがうえにも大切にして、いやがうえにも努力します。もっと多い資源を努力して、南北が共同建設する、結び目が共同建設するのに対して、産業が協力する、特色の田園の田舎の建設など方面で新しい効果を得ます;党員の大衆を連れて、資源、産業の優位を大きくして、一致協力して、刻苦奮闘して、産業を大きくするのがする強くて、とても美しい田舎を建てます;村民を導いて思想を解放して、品種、技術を更新して、金持ちになって新しい成績を得るのに収益を増やしています。これらを耳にして、みんなはしきりにうなずいて、恒北の未来に対してあこがれを満たします……
 

image004.png