新聞

ホームページ  >> 新聞  >> 病死した動物の無害な化処理の体系は建設して基本的に竣工します

病死した動物の無害な化処理の体系は建設して基本的に竣工します

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2018-01-07ブラウズ:

  現在のところ、私の区の病死した動物の無害な化は体系のプロジェクトの建設を処理して基本的に竣工して、処理中心のオフィス用物件、工場の建物の建築工事はすべて竣工します、水電路の三通;地面の硬化、場所の緑化はすべて完成します;設備の据え付けを処理して終わって、特殊は輸送車を密封して仕入れて所定の位置につきます;12の鎮レベルの無害な化処理はすでにすべて建設完成を収集して、ソフト・ハードウェアがすべて配備して所定の位置につく運行を待ちます。このプロジェクトは人民に事を処理する工事に属して、8月下旬に運行するのを計画します。
  私の区の動物の無害な化処理は国内の先進的なのを採用してして溶けて処理技術、電子の人工知能システムの集めてなる“自動的に粉砕、高温の乾く化、強く液体の分離、利益の分離、火あぶりの処理、包装の完成品”などの総合処理の技術を利用して、処理の技術に達するのがなめらかだ、密閉するのが伝送して、処理する徹底的だ、汚染するのが小さい、産物の利用率の高い目標、全行程でオートメーション化操作を実現して、効果的にオペレータが病死した動物の死体に接触するのを免れます。同時に、区農委員会は“戸が申告して、駅、鎮で受理して、場で処理して、所で集中して、区を管理監督して補助します”の6歩の労働者の方法を推進するでしょう、無害化処理センターで、それぞれ動画を設置して監視し抑制することを収集するのを抑えて、病死した動物の輸送車の上でGPSリアルタイムのポジションシステムを設置して、無害な化に対して処理の多い方位、長距離を収集してリアルタイムで管理監督するのを実現して、鳥獣の製品の品質のために安全で公共衛生的に安全に頑丈な防御線を構築します。