新聞

ホームページ  >> 新聞  >> 中国工学院の万建民院士のワークステーションは華豊種業会社に定住します

中国工学院の万建民院士のワークステーションは華豊種業会社に定住します

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2018-01-07ブラウズ:

  8月18日、華豊種業株式有限会社中国工学院の万建民院士のワークステーションは看板上げるのはと国家交雑水稲種生産基地の建設プロジェクトは私の区にイベント開催を進めます。中国農業科学院の副院長、中国工学院の院士の万建民、市の委員会の常務委員、区委員会の書記の王栄、省農業委員会の副巡視員唐明珍と私の区区委員会の副書記の陳湘珍などは出席します。
  華豊種業会社は私の区の農業の先導企業で、主に水稲の新しい品種のに従事して選択して育成して、“2が様々だ”の種の大田の常規のイネの麦の優良品種が販売、優良品質の米の販売などを生産しますおよび。この会社は国家級の“江蘇塩城の国家農業科技園区”の種養核心区を呼応して戦うために建設して、農業で側を供給する構造調整は方向誘導で、主要な発展方向として自主的にして研究開発と商業化の育種、全国で2つの育種基地と11の品種の観測点を創立して、努力して国内の影響力がある植える業を製造して主体を革新します。今回の万建民院士のワークステーションのみごとには定住して、華豊が業を植えて産して、学、研究していて協力して得る重要な成果に発展するので、十分に豊富な資源条件を発揮するのに利益があって、絶えず企業の科学技術を高めて能力を研究開発して、地区の農業の経済効果を高めて、富める民にピントを合わせる方面に良好な模範による効果を形成します。
  万建民院士は我が国の業を植える泰斗で、長期にわたり水稲の遺伝子座決定、クローンと品種に従事して研究を選択して育成して、強固さとのために我が国を高めて業の核心競争力を植えて重要な貢献を作り出しました。彼は表して、院士のワークステーションの創立、双方が業を植えていて発展するすべて固める自信があるため、より強い実力、良好な基礎。協力でを通じて(通って)業の科学技術と産業を植えるのを有機結合に発展するのを望んで、絶えず新型の種類の業の市場を育成して、華豊が業を植えるのが大きくしてする強いをのの推進して、全国のために業を植えて発展して1つの見本を創造します。
  豊かな時、万建民がまた(まだ)華豊種業株式有限会社の交雑水稲の種を参観して研究するのがおよび、プロジェクトの工事を生産して現場を建設します。