新聞

ホームページ  >> 新聞  >> 私が区の一つプロジェクトは中国青年革新創業大会の江蘇地区の一等賞を得ます

私が区の一つプロジェクトは中国青年革新創業大会の江蘇地区の一等賞を得ます

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2017-10-26ブラウズ:

    7月31日、第4期の“創青春”中国青年革新創業大会の江蘇地区の決勝戦は張家港市で行って、団区委員会の選抜推薦する“わらが物質のほこりを生んでプロジェクトを利用する”は近代的農業創始チームの一等賞を得ます。
    わらは物質の発電するフライアッシュを生んで効果的に利用することができなくて、大部分が埋めて埋めるのに用いて、資源の浪費をもたらすだけではなくて、その上環境汚染をもたらします。“わらが物質のほこりを生んでプロジェクトを利用する”は大豊裕能進学予定者科学技術有限会社から研究開発します。このプロジェクトはみごとにフライアッシュを栽培業と養殖業に用いることができて、養殖材料、水耕栽培の基質、硝化の細菌のキャリヤーと水産養殖などの領域を敷きに用いて、廃棄ものを宝にします。2015年の市場のデータで、当時全国の需要の苗を育てる基質は7000億立方メートルで、もしもすべてこの製品で取って代わって、年5000万トンのフライアッシュを消化することができると予想します。当時全国は食肉用のニワトリを飼育して柵量の94億匹を出して、もみ殻が養殖して材料の1400万トンを敷きが必要で、もしも牧畜を採用して養殖して材料を敷いて、毎年フライアッシュの1200万トンを使うことができます。それ以外に、わらのフライアッシュの製造したのは物質のほこりの粒子の基質を生んでおよび物質のほこりを生んで養殖して材料を敷いて、価格は皆現在のところの市場の上でに比べて多く安くなって、環境保護と収益の共勝ちを得ることができます。現在のところ、この企業と6社のわら発電所は協同関係を創立して、年生産能力は6万トンまで達します。