ホームページ  >> 政府  >> 区域紹介  >> 常州高新区大豊工業園

常州高新区大豊工業園

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2016-05-09ブラウズ:

    常州高新区大豊工業園は、江蘇省委員会、省政府は南北連結、協力で江蘇省北部開発区を共同建設するの統一的に配置するに関して、2006年に11月に開業します、常州市と塩城市から協力して、常州国家高新区と大豊区から共同建設します。園区は2007年に4月に正式に起動して、双方は9:1の出資の比率で登記資本の1億元の園区投資開発会社を設立して、優位が補い合って、集約の開発、市場運営、持続可能発展のことを堅持します。
    園区の総体企画面積が10平方キロメートル、沿海高速大豊出入口にすぐ隣に位置して、南北共同建設模範地区と江蘇省北部一流、住と就業に適当するの現代逸品園区を目標にして、産業定位は機械、電子と新素材になって、ハイエンド装備製造、新エネルギー新素材、電子情報産業を重点的に発展します、大豊市の“双核一帯”産業空間の配置の起点です。
    今まで、園区の5平方キロメートルはすでに全面的に建設済み、一連の設備機能が整っていて、“八通一平”の標準に達します。園区で162件のプロジェクトは定住して、その中の工業プロジェクトが41件、総投資は132億元に達します。園区代表企業は迪皮埃風電大豊有限会社、江蘇谷登建設機械装備有限会社、上海光と光学製造大豊有限会社などがあります。工業企業の発展を加速する同時に、園区は“高スタート、高水準”計画建設生活配套区を堅持して、工業化と都市化の同時に推進を実現して、江南山水城、富揚瑞豊花園の商住のセットプロジェクトと商業歩行町を建設します。