ホームページ  >> 政府  >> 区域紹介  >> 大豊経済開発区

大豊経済開発区

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2016-05-09ブラウズ:

    大豊経済開発区は江蘇省級開発区で、それに国家環境保護部に許可される生態経済開発区で、総面積は188平方キロメートルで、すでに開発した面積は56平方キロメートルです。近年来、インフラの投資を増大して、区内の“八縦五横”の道は全面的に開通して、星級ホテル、ビジネスビル、高級住宅は加速に進めて、一連の設備は次第に改善します。
    開発区は金風科技、南車電機、上海紡織、中国万向、江蘇陽光、韓国明進、日本東方、タイ正大などの600社以上の企業がここに来て投資するのを引き付けて、全市の経済発展の重要な増加極になります。園区の発展スピード、経済増幅、運行品質は全省の先に位置して、長江デルタの最も投資潜在力がある開発区、中国改革の最も投資価値がある開発区です。2015年に普通公共予算収入の14.42億元を実現して、同時期と比べて18.8%増加して、入庫増値税は4.96億元;新着工する億元以上プロジェクトの18個、竣工プロジェクトの11個;規模以上企業の売上高は165.6億元で、同時期と比べて22.7%増加して、新培育企業は12社;省級以上開発区の審査順位は43名で、去年に比べて1名上がります。
    開発区は“ハイエンド引導、革新駆動、全面的に開発区経済発展実力を高める”の構想におって、重点的に風電産業園、電子情報産業園、自動車部品と高級装備製造産業園、韓資工業園、金属表面処理産業園などの特色園区と南城中央商務区、北城中央生活地区などの近代的サービス業センターを建設して、強力に新エネルギー産業、新素材産業、自動車部品と高級装備製造産業、電子情報産業を発展して、同時に強力に科学技術革新を実施して、一流な海外留学生創業パーク、国家級科学技術孵化器、戦略的新興産業研究開発基地を建設します。