ホームページ  >> ビジネス  >> 投資メセージ  >> ハルビン電気集団国家研究センターは豊海会社に資金を投入する

ハルビン電気集団国家研究センターは豊海会社に資金を投入する

投稿者:DafengW_adminリリースタイム :2014-06-05ブラウズ:

   ハルビン電気集団発電設備国家工程研究センター有限会社は、江蘇豊海新エネルギー淡化海水発展有限会社に資金を投入するの協議は、5月24日に正式に締結されました。
大豊1マントンNon-gid-connection Wind Power淡化海水模範項目は、国家“973計画”大規模Non-gid-connection Wind Power応用理論研究成果を根拠として、多くの先進技術を支持として、資源転化とエネルギー利用を実現するの科学技術模範項目になります。該項目は、去年6月から着工しました、今年3月に初の生産線は成功的に水を出すようになりました。項目の模範効果を発揮するために、市場化、産業化の発展方向を堅持して、今年の3月28日、国薬集団、中塩総会社、江蘇高投集団と江蘇大豊海港集団は四方合作投資協議を調印しました。
《江蘇豊海新エネルギー淡化海水発展有限会社の資金増加に関する協議》の調印は、ハルビン電気集団発電設備国家工程研究センター有限会社も、正式に江蘇豊海新エネルギー淡化海水発展有限会社の株主になると表しました。それは、豊海会社の株主権利の結構のもっと最適化になる、企業の運営管理レベルのアップに対して、非常に重要な効果があります